和洋創作 葵の仕出し弁当は、品川から一都三県へお届けしております。仕出し弁当と聞くと高級なイメージがありますが、高級すぎることなく安価すぎることがない丁度よい仕出し弁当なら、和洋創作 葵にお任せください。

本記事では、和洋創作 葵で人気があるメニューと、和洋創作 葵が開業時から大事にしてきた思いをご紹介します。

1番人気はステーキ!和洋創作 葵の人気メニュー3選!

和洋創作 葵では様々な仕出し弁当を扱っておりますが、いずれの仕出し弁当も、お米は冷めても美味しく召し上がれるように、お米マイスターが特別にブレンドした国産米を使用しております。
ここでは、豊富なお弁当の中から人気のメニューを3つご紹介します。

サーロインステーキ牛《コスパNO.1弁当》

サーロインステーキ牛弁当01

柔らかいサーロイン牛のステーキをメインに、自家製キャロットラペ・サバマリネ・レンコンのきんぴらなど、手間暇をかけた和洋総菜を合わせた創作弁当です。和洋創作 葵のメニューの中では1番コスパがいいので、ステーキが目を引く見た目の華やかさや豪華さを求めつつ、予算を抑えたいというときにおすすめです。

ご飯の種類はプラス100円でお豆の炊き込みご飯に変更できます。ご飯大盛り、飲み物セットなどのご注文も可能です。

お豆の炊き込みご飯ON鮭ハラス焼き《葵のお重》

お豆の炊き込みご飯ON鮭ハラス焼き弁当

お出汁がきいた豆の炊き込みご飯に鮭ハラスを乗せ、葵で人気の副菜も楽しめる二段重の和食メニューです。ボリューム満点、色鮮やかな見た目が食欲をそそります。元気をつけたいときにおすすめです。ご飯の大盛り、飲み物セットでご注文いただけます。

生姜焼き弁当~自家製旨ダレ~

生姜焼き弁当~自家製旨ダレ~

王道の生姜焼きを、できる限りシンプルに自家製の旨ダレで味付けした生姜焼き弁当です。副菜は野菜を少しでもとれるよう、小さな升に入れ込みました。おかずの数は多くありませんが、和食のシンプルイズベストが感じられる仕出し弁当を注文したい、というときにおすすめです。

こちらもご飯の大盛り、飲み物セットでご注文いただけます。

品川にある和洋創作 葵では、メインメニュー以外にもおすすめの仕出し弁当をたくさんご用意しております。予算やシーンに合わせて、最適な仕出し弁当をお選びいただけます。

関東で仕出し弁当のご注文なら、品川の和洋創作 葵をぜひご利用ください。

和洋創作 葵の開業時からの思い

弁当を差し出す女性スタッフ

和洋創作 葵は、純粋に「美味しい!」「美しい!」と思っていただける仕出し弁当をお届けするために、食材を大切にしながら毎日丁寧に真心を込めて手作りし、盛り付けしています。

高級志向にこだわりすぎず、だからといって安価にもなりすぎないように、どんなシーンでも「丁度いい」を目指して、お弁当箱から自社で考案いたしました。自慢のお弁当箱、重箱は縁起物です。段重ねのお重には、めでたいことが重なるようにという気持ちも込めております。

会社で、慶弔事で、学校行事で、その他各種イベントで、ぜひ品川の和洋創作 葵がご提供する仕出し弁当をご利用ください。

品川で仕出し弁当のご注文なら!美味しい和食のお弁当をご用意

仕出し弁当は見た目が豪華なだけでは満足していただけません。大事なのは、もちろんお弁当そのものの味です。当たり前の美味しさを追求した仕出し弁当にこだわっている和洋創作 葵は、多くの方にご満足いただいております。真心こめて作った仕出し弁当は、品川から一都三県へ配達可能です。

定番の和食メニューから豪華なステーキまで、価格やメニューの幅が広いため、様々なシーンでご注文いただけます。

サーロインステーキ牛弁当、お豆の炊き込みご飯ON鮭ハラス焼き、生姜焼き弁当など人気のメニューをはじめとして、様々なお弁当をご用意しているので、品川にある和洋創作 葵へぜひご注文ください。

仕出し弁当を注文されたい方必見!の情報はこちら

品川で仕出し弁当なら和洋創作 葵にご注文ください

会社名 株式会社アズール(AZUL Co., Ltd.)
代表者名 代表取締役 佐藤 高子(takako sato)
資本金 100万円
設立 2016年5月9日(ブランド創業2019年1月1日)
本社住所 〒120-0021 東京都足立区日ノ出町1−5
品川オフィス住所 〒140-0015 東京都品川区西大井6丁目15−4
店舗住所 〒142-0052 東京都品川区東中延2丁目10−18
TEL 050-5362-6065
FAX 03-6332-9422
メールアドレス azul.satot@aoi-bento.com
URL https://aoi-bento.com/
事業内容 仕出し弁当の製造及び販売・配送/仕出し弁当資材の開発及びデザイン、POP制作