仕出し弁当はあらかじめ注文を受け付け、当日に調理をして指定された場所まで届けるお弁当です。古くからの歴史があり、今でも仕出し弁当は法事や会議など人が集まるシーンでよく利用されています。

本記事では、仕出し弁当の意味と歴史を、高級仕出し弁当が人気の和洋創作 葵が紹介します。

仕出し弁当とは?

葵のお弁当仕出しとは、お客様から受注を受けて調理し、指定された場所まで届けることです。仕出しは主に冠婚葬祭で使われることが多いという特徴があります。そのため、比較的高額で高級なお弁当、事前に予約をして当日配達してもらうお弁当、と区別されることも多いです。

似た言葉にデリバリーや宅配弁当、ケータリングなどがありますが、それぞれとの違いをご紹介します。

デリバリーとの違い

デリバリーの場合は注文を受けてからすぐに調理を行い届けます。一方で仕出しは、お客様からあらかじめ日時の指定を受け、依頼の日に調理して届けるという注文の受け方が異なります。

ケータリングとの違い

ケータリングも仕出し弁当と同様に事前注文をして当日受け取る、という点では同じですが、ケータリングは食器やテーブルクロスなどを用意し、盛り付けまで行います。仕出しはあらかじめ専用の容器に入れて届けるため、ケータリングと仕出しは提供方法やサービス内容が異なります。

宅配弁当との違い

宅配弁当は、仕出し弁当と同じく弁当ですが、比較的安価で使い捨ての容器に入れられている場合が多いです。仕出しは使い捨てではない専用の容器が使われることが多いため、提供する容器が異なります。

和洋創作 葵の高級仕出し弁当は、一都三県をメインに配達を承っております。個人・法人問わずご利用いただけるため、法事の集まりで利用したい、会議の昼食として出したい、美味しい仕出し弁当が味わいたい、など様々なシーンでご注文ください。

高級なお弁当から、比較的お手頃な価格のお弁当まで幅広くご用意しております。一都三県で仕出し弁当をご利用なら、高級仕出し弁当が人気の和洋創作 葵までご注文ください。

仕出しの歴史は江戸時代から!

おすすめする女性スタッフ

仕出しの歴史は江戸時代から始まります。煮魚や豆腐を天秤棒で運んで売るというスタイルが流行していましたが、江戸や大阪の大名たちは、料理を大八車で運ばせるようになりました。

これこそが、日本での出前・仕出しの文化ができたきっかけです。

時代劇を見ると、蕎麦・うどんを天秤で運ぶシーンはよくありますが、まさに現代の出前のシステムと変わらないものが確立されていたことがわかります。

また、江戸時代では遊郭で出される料理を出前でとっていましたが、のちに専門の仕出し屋である「台屋」から取り寄せた、高級な料理を使うようになっています。江戸時代から出前と仕出しが使い分けられていたといえます。

日本は古くから仕出し文化があったことで、海外と比べて異様に出前・仕出しの文化が発達しているのです。

高級仕出し弁当が人気の和洋創作 葵は、一都三県に配達可能です。関東で多くの方にご利用いただいております。日本人になじみのある和食なので、法事用・会議用など様々なシーンでご利用いただけるお弁当です。

関東で高級仕出し弁当の注文ができるお店をお探しなら、ぜひ和洋創作 葵にご注文ください。

高級仕出し弁当の配達は和洋創作 葵にお任せ!法事や会議の際に便利

仕出し弁当は、デリバリー・ケータリング・宅配弁当とは異なるものです。歴史は古く、ずっと受け継がれて今の仕出し弁当があります。法事や会議に最適な仕出し弁当は、やはり美味しくて見た目もよいものが好まれます。

高級仕出し弁当が人気の和洋創作 葵は、一都三県への配達が可能です。群馬・栃木・茨城もお届け可能なので、まずはご相談ください。ご注文は法人・個人問わないため、用途も幅広くお使いいただけます。

関東で高級仕出し弁当をご注文なら、ぜひ和洋創作 葵までお問い合わせください。

仕出し弁当を注文されたい方必見!の情報はこちら

高級仕出し弁当の配達なら和洋創作 葵へ

会社名 株式会社アズール(AZUL Co., Ltd.)
代表者名 代表取締役 佐藤 高子(takako sato)
資本金 100万円
設立 2016年5月9日(ブランド創業2019年1月1日)
本社住所 〒120-0021 東京都足立区日ノ出町1−5
品川オフィス住所 〒140-0015 東京都品川区西大井6丁目15−4
店舗住所 〒142-0052 東京都品川区東中延2丁目10−18
TEL 050-5362-6065
FAX 03-6332-9422
メールアドレス azul.satot@aoi-bento.com
URL https://aoi-bento.com/
事業内容 仕出し弁当の製造及び販売・配送/仕出し弁当資材の開発及びデザイン、POP制作