何かしらのイベントなどで弁当を利用したいと考えていませんか。大口注文を予定している場合は、仕出し弁当を利用してみてはいかがでしょうか。このページでは、仕出し弁当を注文するメリットと喜ばれる利用シーンなどを解説しています。以下の情報を参考にすることで、どのように弁当を用意すればよいかがわかるはずです。

 

 

仕出し弁当と宅配弁当、ケータリングの違いとは

仕出し弁当とよく似た言葉に「宅配弁当」「ケータリング」などがあります。正しく注文するため、まずはこれらの違いを理解しておきましょう。

 

仕出し弁当とは

仕出し弁当は、注文を受けてから料理を作り、指定の場所まで届ける弁当です。料理店の名前が入った専用の容器で提供されるので、食べ終わった容器は回収されます。料理のジャンルはさまざまですが、昔から利用されているサービスであるため和食が多いといえるでしょう。

宅配弁当との違い

宅配弁当は、使い捨ての容器に料理が盛り付けられている弁当です。仕出し弁当のような容器の回収は、基本的にありません。仕出し弁当に比べると新しいサービスなので、料理のジャンルはさまざまです。和食、洋食、中華などに対応しています。この点は便利ですが、仕出し弁当に比べるとややチープな印象になってしまいます。

ケータリングとの違い

ケータリングは、指定した場所で料理人が料理を作ってくれるサービスです。配膳はもちろん、会場のセッティングまで行ってくれる点も特徴といえます。仕出し弁当の場合、配膳や会場のセッティングは自分たちで行わなければなりません。ケータリングは、大人数が集まるパーティーなどで利用されることが多いようです。

 

 

仕出し弁当を利用するメリット

仕出し弁当を利用するメリットとして以下の点が挙げられます。

 

手間がかからない

大口で注文する場合のメリットとして挙げられるのが、出来上がった弁当を指定の場所まで届けて、空になった容器を回収してくれるので、手間がかかりづらいことです。食材を購入する手間、料理を作る手間、片付ける手間を省けます。宅配弁当も便利ですが、自分たちで容器を捨てなければならないので大口注文にはあまり適していません。

おいしい料理を食べられる

もちろん、美味しい料理を食べられる点もメリットとして挙げられます。注文を受けてから作るので、本格的な料理を楽しめます。大切なお客様へお出しする弁当に最適です。

栄養バランスが整っている

以上のほかでは、栄養バランスが整っている点も見逃せません。ほとんどの仕出し弁当は、栄養バランスを考えて作られています。出汁を活かして塩分を抑える、さまざまな食材を使用するなどを意識しているので、幅広いシーンで安心して利用できます。

 

 

こんなシーンで喜ばれる仕出し弁当

続いて、仕出し弁当が利用されているシーンとおすすめの弁当を紹介します。

 

メディア関係者のロケ弁に

仕出し弁当はテレビや雑誌などのロケ弁当として利用されています。料理店の中には、食べやすさや片づけやすさにこだわった特製の弁当箱を使用しているところもあります。例えば、和洋創作葵では、食べ終わった後の弁当箱を小さく片づけられる特製の弁当箱を使用しています。ボリューム満点のサーロインステーキ牛弁当、食べやすいサバの塩焼き弁当などがおすすめです。

慶事(長寿・退職等)のお祝いに

仕出し弁当は慶事のお祝いにも利用されています。年配の方や身体が不自由な方、小さなお子様がいると気軽に外食しづらいですが、仕出し弁当を利用すれば手軽に豪華なお料理を楽しめます。慶事には、各料理店が用意している慶事用の弁当がおすすめです。

法事用に仕出し弁当

仕出し弁当は法事にも利用されています。お料理の準備はもちろん、配達まで行ってくれるので、法事の準備に集中できます。料理店の多くは法事用の仕出し弁当を用意しているので、こちらを利用するとよいでしょう。

地域の会合やイベントに仕出し弁当

仕出し弁当は地域の会合やイベントにも利用されています。これらで利用されている理由は、料理の準備に手間がかからないからです。会合やイベントの準備をスムーズに進められます。好き嫌いの少ない一口ソースかつ弁当や鮭ハラスねぎ塩レモンだれ弁当などがおすすめです。

会議や企業の集会に仕出し弁当

もちろん、仕出し弁当は会議や企業の集会にも利用されています。弁当を届けて空になった容器を回収してくれるので、食事の準備にかかる手間を最小限に抑えられるからです。大口になるほどメリットを感じやすいといえるでしょう。若手社員も満足できる牛肉100%ハンバーグ弁当や豪華さを感じられるうな重などがおすすめです。

医療従事者や福祉関係の方々に

コロナ禍で、医療関係者や福祉関係者へ仕出し弁当を差し入れしたいと考える方が増えています。思いもよらない差し入れは、過酷な現場で働く方々の支えになるようです。和洋創作葵は、医療関係者や福祉関係者など、特定の方々を労う差し入れにもご協力させていただいています。

 

 

葵(あおい)では仕出し弁当の大口注文も受け

最後に、仕出し弁当の大口注文にも対応している和洋創作葵の特徴を解説します。

 

美味しいにこだわった弁当を手作り

最も大きな特徴は、冷めても美味しい弁当を作り続けていることです。冷めても美味しい弁当を作るため、お米マイスターが特別にブレンドした国産米を使用しています。また、厳選した食材を使って、真心を込めてひとつずつ手作りしています。味にこだわる方にもご満足いただけるはずです。

利用しやすい価格帯

価格帯にこだわっている点も特徴です。肉厚の鰻と副菜を一緒に楽しめる「葵のうな重(2段重)」の価格は1,980円、柔らかいサーロイン牛と自慢の副菜を楽しめる「お肉多め!サーロインステーキ牛《ちょうどいい二段重》」の価格は1,820円です。高すぎず、安すぎずの価格設定を行っているので、幅広いシーンでご利用いただけます。

くるめし会議弁当で全国1位を獲得

以上の特徴などが評価されて、「くるめし会議弁当」で全国1位を獲得している点も特徴です。くるめし弁当は、全国の法人や団体向けに弁当を配達しているサービスです。2020年7月時点で516店舗、12,386種類の弁当情報を掲載しています。名の知られた大手料理店を押しのけ全国1位に輝いたので、安心してご利用いただけます。

和洋創作葵の基本情報

住所 東京都足立区日ノ出町1-5
お届けエリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
お届け時間 10:30~19:00
注文受付期限 配達日前日の12時まで
注文方法 ・電話:050-5362-6065(担当:佐藤)
・携帯電話:090-4712-0242(担当:佐藤)
・FAX:03-6332-9422
・メール:azul.satot@aoi-bento.com
支払方法 ・請求書払い
・現金払い
キャンセル料 ・納品1日前の12時までは50%
・納品1日前の17時以降は100%
大口注文 80~150食の大口注文にも対応(受付は配達日前日までとなっています)

 

 

仕出し弁当の大口注文は便利!和洋創作葵でご相談を

注文を受けてから料理を作り、空になった容器を回収してくれる弁当を仕出し弁当といいます。仕出し弁当のメリットは、料理や片付けの手間がかからないことです。大口注文に適した弁当といえるでしょう。「くるめし会議弁当」で全国1位を獲得した和洋創作葵は、大口の仕出し弁当にも対応しています。ロケ、地域の集まり、会議などの弁当をお探しの方は、お気軽にご相談ください。