宅配弁当を購入する上で、店舗によって定められている規定は理解しておくことが大切です。宅配弁当で知っておきたい規定とは、どのようなものが考えられるでしょうか。

宅配弁当の店舗で定められていることが多い、規定について紹介していくので、参考にしてみてください。

 

変更やキャンセルについての規定

宅配弁当を依頼する上で、変更やキャンセルについての規定を理解しておくことは大切です。例えば、イベントなどで参加人数が減った際に、注文する宅配弁当の数を減らしたい場合、変更の申し出を店舗に依頼する必要があります。

またキャンセルを求める場合にも、事前に連絡しておくことが大切です。

その際に、変更やキャンセルの申し出が前日であった場合、キャンセル料金が発生することがあります。

店舗にもよりますが、前日での変更やキャンセルの場合は、料金が発生するのか事前に確認しておくことが大切です。

 

返品や備品規定

宅配弁当の規定では、返品や備品規定が定められていることがあります。返品規定では、商品が到着してから、注文した物と異なるお弁当の場合には、返品可能になるなどのルールが設けられていることがあるでしょう。ただ商品到着してから、30分以内ではないと返品できないなどの細かいルールがあります。

備品規定では、食数分の割りばし・おしぼり・つまようじなどが付いているといった規定が、宅配弁当側では設けられているでしょう。

 

配達規定

宅配弁当では、配達規定が設けられていることがあります。配達規定は、お客様の都合で配達時間内に受け渡しができない場合に、別途待機料金がかかるなどです。

宅配弁当の店舗側によって、微妙に規定は異なりますが、事前に予約したのであれば、配達規定に従ってルールを守る必要があります。

 

宅配弁当を注文するなら規定を理解しておこう

宅配弁当を注文する場合、店舗によって定められている規定があります。大まかな内容は、今回紹介した規定が定められていることが多いですが、店舗によっては微妙に規定内容が異なるので、事前に確認しておくことが大切です。

特に前日の変更やキャンセルといった規定は、キャンセル料金が発生するので、事前に確認しておくことが重要になります。

よく確認した上で、宅配弁当を注文しましょう。